アイフル即日融資





■アイフルで金利0円の無利息で借りる条件とは?


金融業者でお金を借りる場合、元金に利息がつくのが普通です。しかしアイフルは無利子で借りる事の出来る方法があるのです。

アイフルで無利子でお金を借りる為には、以下の金利0の条件を全て満たす必要があります。まずは、アイフルの申し込みが初めてである事が前提となり、返済期日を35日ごとで契約しなければいけません。

そしてアイフルの全ての商品に適用される訳ではなく、担保を必要としないフリーローンのみが対象です。乗り換えローンなども対象外です。

また、これらの条件を満たした場合でもアイフルの無利息期間は契約の翌日から30日間のみとなります。契約から30日を過ぎてしまった場合、返済していない分の借入金には通常の金利が適用されるので注意力しましょう。

借入した翌日からではなく、契約をした翌日から30日の無利息期間が適用されるという点も要注意です。

無利息期間内なら利用限度額内での追加融資が何度でも可能で、期間内に返済しさせすればいくら借りても利子はつきません。

またアイフルの無利息期間は1度限りのサービスとなります。契約から30日を過ぎてしまえば、二度とアイフルは無利子で借りる事は出来なくなります。ですから、この無利息期間は有効に使いたいものですね。


■即日カードローンを在籍確認なしで!


カードを契約する時に、ネックになってくるのは、職場などへの在籍確認ではないでしょうか。個人が融資を受けるだけなのに、周りの職場の人が良い顔をしないなど、日本人社会特有の「周りの空気を読む」が大きな壁にぶち当たります。カードローンを躊躇する大きな原因のひとつにもなっていると思われます。

最近、3社のカードローンを申込みした経験がありますが、比較的借入限度枠が多いフリーローンは審査が厳しく、在籍確認が必ず必要でしたので、社員証を持っているので在籍している事実ではないのか交渉しましたが、融通が利かなく結果的には契約を断念してしまいました。

融資を受けたいが、思い悩んでいるあなたは、在籍確認がないカードローンを選べば良いのです。カードローンは、系統別に分かれていますが、その中でも在籍確認が低いのは、アコムなどの消費者金融ではないでしょうか。

過去に、2社の消費者金融と契約を結びましたが、ともに在籍確認は不要で借入限度額は50万円でした。在籍確認を受けないポイントは、申込時には低い金額で希望借入限度額を設定し、カードが発行された後に、増枠についてカード会社と交渉するのが、最適な手段ではないでしょか。



■おまとめローンの流れ


現在、多くの消費者金融業者や銀行、信用組合、信用金庫などにおいて、おまとめローンの借り換え商品やプラン商品などを扱っているところなども増えてきているような、世の中の流れでもあります。

そしてとくに、現在借り入れをやっていて、借入先業者の数が多い方の場合には、このおまとめローンの商品を利用した方が利息が安くなり、支払い負担なども大変軽くなりますので、是非とも一度は利用をしてみる価値は大いにあるといえます。

しかしそれでも、金融業者の中には、複数箇所の事業者から借りている方がこのサービスを利用をしようとすると、自分のところの利息の利権を取られる事を恐れて、自身の貸付増額サービスなどを利用して阻止をしようとするところなどもあったりします。

そうした事などもありますので、そのような誘惑などから注意をしたりする必要があります。

本当に、このおまとめローンのサービスの利用に関しては、それ以外の金融事業者が必ず何らかの形での抵抗をしてきたりする場合があります。

せっかく申し込みをした方針を無駄にしたりしないようにするためにも、強い意志を持ちながら、お断りをしてそのおまとめローンのサービスのみを利用していく事を意識をしていく心掛けが大切です。


■アイフル最短30分審査


アイフルで最速キャッシングするコツは、「インターネット申込」と「自動契約機」を上手く併用すれば、スムーズに審査が進みますよ。しかし、インターネットだけの申込は、即日融資を受けられない可能性もあります。

主な理由には、申込内容に入力ミスなどがあり確認が取れるまで時間がかかってしまうケースや、アップロードされた画像データの写りが不鮮明だったり、提出先が合誤っていたりすると案外と時間がかかってしまいます。

そういう時は、WEBでは仮審査まで済ませて、その後の手続きは自動契約機に出向いて手続きすれば、随時アイフルのコールセンターと連絡を取りながら進みますので、書類の再提出を受けて即日融資を受けられないリスクを減らせます。

フリーランスや自営業の人は、属性上、インターネットよりも自動契約機で申し込んだ方が時間がかからなくて済むケースもありますので、WEB申し込みは近くに自動契約機がないなど、補完的な役割と捉えていた方が無難かもしれません。

最近、別な消費者金融で、自動契約機とWEBで融資までのスピードを比較しましたが、圧倒的に早かったのは自動契約機であり、字の如く「即日融資」が可能でしたよ。何と、自動契約機に出向くまでの移動時間を含めても、1時間台でカードが発行されたスピード感には驚きましたよ。